Load to Stanford MBA

*2018年9月のMBA留学を目指す日々を綴った日記*

SEO対策・スマホ対応が命!無料ブログランキングTOP10

最近、HTMLやCSSの知識いらず、無料で作れるブログ提供サイト(海外を含む)が増殖しすぎて、選ぶのが困難!になってきていませんか?有名な所でいうとFC2、アメーバ、はてなライブドア等になります。私も昨年2016年から迷い続け、時にはWixのように有料登録もしてみたりしながら半年ほど色々な無料ブログを試してきました*。

f:id:makmako117:20170324132524j:plain

今回は、実際にいろいろな無料ブログ(通常使用であれば無料開設が可能なブログサイト)を使用してSEO対策・広告宣伝等、気づいた悪い点・良い点をそれぞれ、昔学年最下位のビリだった私でもわかるような内容で書きたいと思っています(・ω・)ノ

はい、無料ブログとは言ってもただカッコイイサイトを作りたいだけならこの比較記事を見る必要はないかもしれません。ただ、画像のようにSEO対策、読者とのリレーションシップ、SNSとの互換性、コンテンツ作成の容易さ等、より多くの閲覧者に訪問してもらいたいという人にとっては、見てもいいかな?と思っていますw。少しは元コンサルらしくエクセル表でまとめてみました。 

・今回紹介する無料ブログを比較するためにExcelで作った一覧表

f:id:makmako117:20170324201609p:plain

画像:有名なブログサイト10個を10項目で比較

・エクセル表にまとめてわかった自分の中での無料ブログランキング

No.1: FC2ブログ
No.2: はてなブログ
No.3: Blogger
No.4: シーサーブログ
No.5: アメーバブログ
No.6: JUGEM
No.7: ライブドアブログ
No.8: Wordpress.com
No.9: Jindoブログ
No.10: Wixブログ

エクセルにまとめている1-10の横列(X列)にある順番は、無料ブログを選択するにあたって重要だなと感じている順番です。1-10にまとめた順に沿って、それぞれのパートで秀でていると感じる無料ブログの内容をご説明*

10個の有名無料ブログサイトを比較して気付くそれぞれの特徴

1. SEO対策をするに当たって特に秀でている無料ブログサイト

SEO対策として重要なのは、もちろんみなさんご存知グーグルさんに自分のサイトやブログ記事を適切にクロール検索エンジンに乗せてもらうための記事パトロールのようなもの)してもらう必要があります!SEO対策を適切に行って、特定のキーワード検索によって表示される検索順位をあげて、訪れる人たちの検索トラフィックを増やすことが目的です。

それでは検索エンジントップのGoogleにホームページや記事を認識してもらうためにはどんなサイトや記事が良いのでしょうか。Googleは常に独自のアルゴリズム(どんなサイトや記事を高評価するのかという仕組み)を持っており、そのアルゴリズムに適した無料ブログが良いというのはお分かりになるかと思います*

SEO対策に強く、全体的なバランスが良いはてなブログ 

f:id:makmako117:20170324144511p:plain

画像:はてなブログでビリジャニが運営しているブログ

適切なHTML認識技術と内部リンク
はてなブログを利用したことがある人にはわかると思いますが、はてなブログで記事を書くと的確なところにマークアップと言って、SEOに認識させるマークが自動で付きます。これが非常に大きいと感じています、例えば、Wordpress.com等(無料ブログのワードプレス)を利用するとマークアップが非常に下手で、頑張って書いたブログ記事も全く無意味な情報Googleがクロールしてしまい、検索で表示されてもクリックされずにスルーされます、本当に意味がない(*_*)

適切なスパム対策
はてなブログには、有料リンクや隠しリンクのようなGoogleが懸念している「共有ドメインのスパム汚染」についても厳格にパトロール(おそらく何らかのパトロールするアルゴリズム)を行っているようで、共有ドメインの価値が高いです。利用している人のモラルとリテラシーが高いのが実は原因だったりしてwと思うこともありますが。

読者と検索エンジンに優しいスマホ対応
はてなブログにはレスポンシブWebデザインも完備されるのと同時に、PCとスマホにも同じURLであると見せつつ、HTMLソースを配信するというDynamically Serving(動的な配信)の形式をとっている点が大きいです。Google検索エンジンが記事を好評価するポイントとして、PCとスマホのURLが同じことによるメリットはSEO対策として重要でしょう。

 

・HTML・CSS知識がある人には最適なFC2ブログ

f:id:makmako117:20170324160856p:plain

画像:ビリジャニが運営していたFC2ブログ

・HTMLとCSSを約100%自由に変えられるオリジナリティに対するGoogleの評価
カスタマイズが自由に行える上に、カスタマイズ後の動作が軽いという点がは、Google検索エンジンにとって好評価される要因の一つです。テンプレートも6000ほどあり豊富です。

・FC2の記事は公開してからインデックスされる期間が短い
GoogleのSearch Consoleでサイトマップ定期的に更新したり、Ping送信設定をしっかりしておけば、ほとんどの記事が1日以内にインデックスされることが多いです

・サービス内からの被リンク
FC2は、Googleから会社としてはあまり良く思われていないという点が懸念材料としてあるため私は使用していませんが、FC2を閲覧している人は無料ブログサービスの中でもかなり多くいるため、内部に対する被リンクを上手く活用することでグーグルの検索エンジンからも良い評価を得られることになります。

※参考記事;

【SEO基礎編】Google検索エンジン最適化に必要なスターターガイド

 

2. PC・スマホ広告表示の有無に当たって有益なブログサイト

無料サイト・ホームページ開設サイトを利用される方は、アフィリエイトをサブ目的として利用される方も多いですよね。私が特に重要視しているのは、スマホ広告で、今後のアフィリエイトスマホ広告主体にシフトしてくると考えています*

スマホの利用率は、Marketing Research Campによると2012年7月の利用率32.4%から2016年7月の利用率72.2%までシフトしてきており、2017年の7月には約80%までシフトするのではないかと思っています。

 

・PC・スマホ広告掲載も一切無料のBlogger

f:id:makmako117:20170324164411p:plain

画像:ビリジャニが運営していたBloggerのブログ

・パソコンでもスマホ広告も広告掲載が無料
Bloggerは、初期時点においても一切の広告表示がありません。つまり、PCもスマホ広告も自由に無料で貼ることができるということです*。Seesaaは、PC広告を無料で非表示にすることが可能ですが、開設時点で消していかないといけない上に、スマホ広告を非表示には出来ません。あまり利用していない点としては、SEO対策を行うのが多少難しいという点くらいです。

 

3. サイトやブログを商用利用をする際に有益なブログサイト

無料ブログを検討するときに利用規約ってみたりします?利用規約には書いておきながら名目上集客するために許可しているようなケースもあるため念のため確認されるのが良いかもしれません(ー ー;)。

サイトを商用利用する時には、利用規約に応じて制限がかかる広告内容があったりします。はてなブログBloggerは、普通上の商用利用では問題ありませんが、カテゴリーによっては多少制限があります。

商用利用として特徴的に良いサイトはFC2やシーサーブログだとは思いますが、今回はあまり商用利用で良くないサイトを見ていきます。

 

アドセンス広告が貼れないアメーバブログ

f:id:makmako117:20170324172042p:plain

画像:ビリジャニが運営していたアメーバブログ

・Amebloでは広告の利用制限がある上にアドセンスが利用できない
まずはじめに、アメブロ実質商用利用自体禁止ですw。アメブロの利用規約に詳しく載っているのですが、第13条(禁止事項)の4.の(4) 当社の承諾のない商業行為の②に書いてありますが、商業用の広告、宣伝を目的としたブログの作成はアメブロの運営元であるサイバーエージェントが認めない限りは実質禁止なようです、目を付けられたらアカウント停止なんてことは容易にありえそうです。

有料登録をすれば、広告を貼ることはできるのですが、広告に対する自由度が低く、利用制限もあります。利用規約第13条(禁止事項)の4.(1) 良識にかけるものや品位に欠けるものに抵触しない広告内容に気をつける必要がありそうです。また、アメブロではアドセンスが使用できないという致命的な点があります。

※参考記事;

【SEOが致命傷?】Amebaブログを利用してわかった各7つの長所と短所

 

4. 独自ドメインで利用する際に有益なブログサイト

無料ブログにはありがちなことですが、やはり運営元の意図によって存続の危機に陥ることってありそうですよね。無料ブログ運営元大手のFC2であっても、経営問題でFC2が終了するのではという噂が出回ったのはまだ記憶に新しいことです。

無料ブログ運営サイト内で独自ドメインを利用するにあたって触れていきたいと思います*

独自ドメインを利用するのが無料!Seesaaブログ

f:id:makmako117:20170324173734p:plain

画像:ビリジャニが運営していたシーサーブログ

シーサーブログでは、持ち込みで保有している独自ドメイン無料で登録することが可能です。また、特徴としては、プレミアムプランの画像容量無制限に加入することで、Seesaaブログで一部ドメインを無料で取得することも可能です。シーサー提供のドメインの場合は、多少自由度がないドメインにはなりますが、自分好みのURLを設定できます。個人的には、持ち込みをお勧めしますが^ ^

 

5. ブログ運営で気になる容量を考えた際に有益なブログサイト

サイトやブログ運営をしていると投稿できる画像の容量って気になりますよね。ほとんどのサイトでは、ある一定の容量を月ベースで利用できるようになっており、プレミアムプラン(有料登録)にすることで容量が増えるようになっています。例えば、はてなブログ月に300MBしかあげられない(1アカウントで3つのブログを運営していても総量300MB)のはデメリットだったりします。

 

・データ保存容量が無制限!容量に対して寛容なライブドアブログ

f:id:makmako117:20170324175640p:plain

画像:ビリジャニが運営していたライブドアブログ

・データ保存容量が無制限のライブドアブログ
ライブドアブログでは、ブログ記事でどれだけ画像を投稿しても容量制限に引っかかることはありません。旅行記事や食事記事等、画質を重視したブログを作成される方にとってはライブドアブログは適切だなと思います。

参考記事;

スマホ広告が致命的?Livedoorブログの特徴的な3つの悪い点と良い点

 

・データ保存容量が無制限!容量に対して寛容なJUGEMブログ

f:id:makmako117:20170324180252p:plain

画像:ビリジャニが運営していたJUGEMブログ

・データ保有容量が無制限のジュゲムブログ
こちらもライブドアブログと同じくデータ保有容量が無制限です。ライブドアブログと違って、スマホ広告が有料プランで消せるというのはライブドアブログにないメリットです♪

 

6. 有料プラン価格の値段が気になる有益なブログサイト

有料プラン自体がないBloggerは対象外ですが、FC2ブログJUGEMブログは月300円と良心的な値段で提供されています。一方で高いと感じるのはAmebaで、一つのブログしか運営できないにも関わらず月1,008円かかります。多少高いなと感じるのははてなブログで、10個の複数ブログを運営できる一方で、月1,008年の有料料金がかかります。ここでもBloggerはすごいですね、評価高めです*

 

7. 一つのアカウントで複数のブログを運営できる有益なブログサイト

複数ブログを作れる無料ブログとして最強なのは、またしてもBloggerです。Bloggerでは一つのアカウントで100のブログを作成できます。次に無料で複数のアカウントを作れるのはライブドアブログ10のブログを一つのアカウントで作ることが可能です。

 

8. 運営元の拡散力の恩恵を受けられる有益なブログサイト

サイトやブログを運営する際に、もともと閲覧ユーザーが多い無料ブログサイトを選ぶのは一つの戦略ですよね。アメーバだけは別格ですが、個人的にはFC2、ライブドアはてなブログもコミュニティにいる人たちが多いサイトです。

また、ライブドアはてなブログビジネス向き、アメーバはSNSのように日々の日記向き、FC2は趣味関連のブログ内容を見たい人が多い気がします。例えば、ライブドアブログにはいけだはやと氏のように有名なビジネス系ブロガー目当てに集まる人がいる一方で、最近では市川海老蔵や妻の小林真央夫婦のブログが注目されているアメーバ等をイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います〜

・ブログ運営元のサイト内で最大の閲覧ユーザー数を誇るアメーバブログ

f:id:makmako117:20170324182133p:plain

画像:ビリジャニが運営していたアメーバブログ

アメブロは日本最大規模のブログサービス
アメブロでの月に投稿される記事数は1000件超に達し、毎月約10万人が新規でブログを開設するほど利用者が増えてきています。何より、芸能人や著名人等で構成されるオフィシャルブロガーの数が約20,000人(2016年2月時点)に達しており、アメブロを閲覧のみで利用している人もかなり多くいそうです。

実際運営していた時もブログを保有しながら閲覧してくれる人6割、ブログを書いていない閲覧者が4割と閲覧のみの人も多いという実感がありました。

 

・海外のコミュニティ・閲覧ユーザーが多いWordpress.com

f:id:makmako117:20170324184241p:plain

画像:ビリジャニが運営していたWordpress.comのブログ 

英語圏に住む閲覧ユーザーが多いWordpress.com

Wordpress.comは、英語圏に住む閲覧ユーザー数が多いなと感じることがあります。例えば、記事を投稿し続けていてサイト内アナリティクス(閲覧ユーザーの分析)を使用していたらWordpress.comからの流入がほとんどであったためです。Amebloにはかなわないですが、投稿に対するいいね数やお気に入り数が多かったのも良い点でしたが、SEO対策では決定的に致命的なのが使用を辞めた大きな要因でした。

 

9. テンプレート数で恩恵を受けられる無料ブログサイト

テンプレート数が一番多いのはFC2(6000以上)ですが、個人的にはしっくりくるテンプレを探せない、というか少し古いイメージなのが決定的に致命的です。 はてなブログライブドアブログは、ビジネス向きのテンプレが多い気がします。アメブロやシーサーブログは、どちらかというとエンタメ系、旅行系に合うテンプレが多いイメージです♪。テンプレで洗練されているのは、WixやJimdoです☆*

 

10. カスタム機能がすごい無料ブログサイト

カスタム機能で重要なのは、PC・スマホの両者でカスタムができるのか否か、またHTML・CSSでのカスタムが可能かどうか、カスタムする際に対象の記事や業者が多いかという点に尽きそうです。

 

・サイトをおしゃれかつ自由に編集できるWix.com

f:id:makmako117:20170324185645p:plain

画像:ビリジャニが運営していたWixブログ

・おしゃれなテンプレと自由なカスタマイズができるWixブログ
Wix.comでは、無料でユーザーが好きなようにテンプレを選び、ボタンやガジェットを自由にドラッグ&ドロップでデザインすることができます。実際に、プリインストールされている画像や動画ピクトグラムを使用してブログをよりオリジナリティあるものに作ることが可能です。

しかし、Wixブログは非常に重いため、サイト作成をしている時、非常にストレスがかかるため有料登録でドメインまで取得したにもかかわらずやめましたw。編集する時に思いだけでなく、ユーザーが閲覧する時も思いというのは本当に致命的でしたww

※参考記事;

編集・閲覧が非常に重い?Wixサイトにおける5つの悪い点・良い点

 

・サイトを思うように編集できるJimdo.com

f:id:makmako117:20170324190606p:plain

画像:ビリジャニが運営していたJimdoブログ

・まるでパワーポイントのようなデザインの容易さ
JimdoはWixと少し似ているのですが、サイトのデザインに関して選択肢が非常に多いです。おしゃれなテンプレをそのまま使うこともできる一方、ドラッグ&ドロップで自由にレイアウトをデザインすることができます。Wixよりは多少動作が軽いですが、重いという点には変わりません。

Wixと同じくページ読み込みスピードが遅いと思われるサイトはGoogle検索エンジンから低評価を受けやすいため、あまりお勧めはできません笑

 

以上、私ははてなブログを主に使っていますが、総合評価ではFC2が最も無料ホームページ・ブログ作成サイトで優れていると感じます。Bloggerは、日本人の間であまりポピュラーではありませんが、無料で全ての機能が使えるというのは非常に有用だと感じます( ^^ )

 

書いてる人三好真

高校時代の偏差値38のビリで元ジャニーズJr.、ナベプロにて俳優活動に従事。Startup起業の立上げ、慶應義塾大学を卒業後、米系コンサル(Deloitte ConsultingのStrategy部署)にてタイ駐在・USA/イスラエルとのスタートアップコミュニティ作りに関わる。ベトナム・タイとの輸出入ビジネスを行う傍ら、コンサルティング事業も行っています。