読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Be Global

*学年ビリの元ジャニjr.が慶應大学を卒業、その後は会社起業へ*

名称:ビリジャニ(三好真)

名前の由来:高校の偏差値38でビリの元ジャニーズ

ビリギャルと同じ?:小林さやか氏は、慶應大学のキャンパスも同じ後輩という

高校時代:滋賀にある比叡山高校1類(当時の偏差値43)においても勉強が全くできず偏差値38の学年ビリへ転落、気分転換として2004年に関西ジャニーズjrへ所属

高校卒業直後:2006年末からはナベプロにてD-Boysとして所属、ウルトラマンメビウスに隊員役で出演

2009年3月:大学進学のために芸能界を辞め、1年間駿台京都校で学び、世界史の偏差値は5月に全国模試で1位になる。その後、全教科の偏差値が38から70前後へ

2010年4月:会社起業に興味があった理由から慶應大学の環境情報学部(通称SFC)へ入学

2010年:英語ディベートや模擬国連のサークルで、目立った功績を挙げてないのに慶應代表を任される

2011年:大学2年の時、OB訪問の無駄な仕組みに腹が立ち、学生と社会人のOB訪問ランチサービス"ヒルカツ"を立ち上げる

2012年:学業に飽きてビジネスコンテストに出続けた結果、チーム総額で約500万の賞金を獲得(個人出場では30万程)

2013年:就活から逃げるために学生マーケティングの会社"Trenby株式会社"を設立。シリコンバレーの風を感じるという口実の下、米Stanford大学へ短期留学。マッキンゼー&カンパニーのインターンに参加し、東大模試1位クラスの人材の実力に感銘を受ける

2014年:慶應大学を卒業後、マレーシアのキナバル山(4000m)登頂など、海外旅を続け、自分探しに走り出す

2015年:米系のコンサルティング会社(Deloitte)に入社。初任務でタイのバンコクへ駐在、その後はイスラエルとアメリカと日本の合同でオープンイノベーションの仕事に勤しむ

2016年:会社を退社し、ベンチャー起業を立ち上げたり、Startup企業を50社ほど訪ねたりしながら方向性を模索

2017年:失うものがなくなった今、ベトナムやタイとの輸出入業や個人的なコンサルティング業をしながら自由に生活中

ブログ投稿数
42 記事
ブログ日数
29 日
継続期間
4 日