Load to Stanford MBA

*2018年9月のMBA留学を目指す日々を綴った日記*

1分で1億稼ぐジェイコム男「BNF氏」の実態と成功術

ジェイコム男というと30代半ば以上の人であれば聞いた事があるかもしれない、テレビや雑誌で見かけて以前から気になっていたジェイコム男と言われるB・N・F氏をまとめてみたのでご紹介したい。16分で20億稼いだBNF氏の話を聞くと、秒速1億の男”与沢翼氏”が思い浮かぶかもしれない、彼に関しても時間があるときに触れていきたい

Video: Trader BNF japanese broadcast(資産210億円突破)

 

10年で資産200億円以上を作ったジェイコム男(B・N・F氏)のまとめ

・ジェイコム男(B・N・F)のプロフィール?

f:id:makmako117:20170321221427j:plain

出典:サラリーマンセミリタイア投資戦略

氏名:本名は小手川隆
年齢:1978年3月5日生まれの39歳(2017年時点)
住居:もちろん東京都港区在住笑
株式開始:2000年(平成12年)
資産:不動産資産だけで260億円(2011年時点)
BNFの由来:当人が使用している2ちゃんねるでのハンドルネームから

 

・B・N・F氏が株式投資を始めた理由って何?

f:id:makmako117:20170321221610p:plain

株式投資手数料が低くなってきたという事を鑑みて、貯金やアルバイトで稼いだ160万円の元手を活かしたかったというのが株式投資を始めたきっかけだったという。おそらく手元資金を貯めていたのは、元々投資をするためだったんでしょう。株式トレードで成功する人の中で、一度は撤退という人が多い印象の中、ジェイコム氏の場合は、撤退なしに資金を増やしている点に恐れ入る。。

 

・ジェイコム男と知られるようになったジェイコム株大量誤発注事件とは?

f:id:makmako117:20170321221656j:plain

こちらの事件は、よくご存知の人もいるかもしれませんが、みずほ証券の発注ミスで、みずほ証券400億円の損失を出した事でした。発注ミスとは、1株61万円の売り注文を1円の売値で61万株発注してしまったというもの。みずほ証券の当時誤発注した担当者はどうなったんでしょう、本当恐ろしいww。

→この誤発注をした後、わずか10分程度の間に自己資金を40億円以上投入、この10分で約20億円超稼いだ計算になるというから驚き。詳細に説明すると、彼はこの事件で7,100株を取得、同日中に市場で1,100株を売り抜き、残る6,000株を20億3500万円の現金決済していた事が大量保有報告書でわかったそう

 

・B・N・F氏は時系列で見ると開始からどのくらい儲けてきたの?

f:id:makmako117:20170321221745j:plain

2000年10月〜年末:164万円→279万円まで資産を増やす!

*一般的な投資家から見るとこの時点でも才能はありそう

2001年:279万円→6100万円まで資産を増やす!

*えっと何倍でしょうかw、21.86倍。。ここまでくるともはや運ではない。アメリカ同時多発テロがあった時もボロ儲け状態だったわけだ。B・N・F氏は、下げ相場だけに通用する「逆張りスイング術」を完成させ、急激な下げの後に訪れるリバウンドを利用するトレード法を確立したそう。出典:インターネット株取引ボロ儲けブログ

2002年:6100万円→9600万円まで資産を増やす!

*前年に比べるとかなり停滞期に入っていたように思える、理由は相場の転換期に苦戦された模様。独自に確立した下げ相場の「逆張りスイング術」が通用しない場面が多く低迷したそう。出典:インターネット株取引ボロ儲けブログ

2003年:9600万円→2億7000万円まで資産を増やす

*手法を上げ相場の「順張りスイング術」に変更し、東証1部の大型株や新規市場株の相場上昇を見極めたのが利益伸長に繋がったようだ。出典:インターネット株取引ボロ儲けブログ

2004年:2億7000万円→11億5000万円まで資産を増やす!

*数億から数十億へ1年で増やせるトレーダーは本当稀な気がする。2004年は日経平均は横ばいの中、「順張りスイング術」を洗練し、巨利を得たという。出典:インターネット株取引ボロ儲けブログ

2005年:11億5000万円→80-100億円まで資産を増やす!

*10億円の大台から100億近くまで増やせるのはもう意味がわからないw、この伸長理由は先ほど紹介したジェイコム株大量誤発注事件で20億円を手にしたのが大きそうに見える一方、事件が起きたのは2005年12月8日、つまり最後に加えたちょっとした20億だったのかもしれない

2006,7年:80-100億円→約130億円まで資産を増やす!

*2007年は日経平均株価が順調に上がっていった一方、B・N・F氏に関する目立った情報はなかった。2007年の日経平均株価大暴落でテレビ局取材が殺到したそう

2008年:130億→210億円まで資産を増やす!

*日経平均株価がバブル後に最安値を更新した2008年10月であっても数十億単位で増やせるとは恐れ入る。その2008年10月には、秋葉原駅前の商業ビル「チョムチョム秋葉原」を90億円で購入。つまり210億(90億は不動産資産)出典:Wikipedia

2011年:不動産の資産だけで260億円まで資産を増やす!

*商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を170億円で購入、こちらとチョムチョムを合わせて合計260億。しかしなぜ続けて秋葉原だったんでしょうね、実はオタクだったとか?出典:Wikipedia

2013年:渋谷のセンター街ど真ん中に三軒目の不動産投資!

*渋谷センター街の入り口から150mほど入った交差点の角地に三軒目の不動産を建築したそう。今回は、所有権を買ったわけではなく一から建設しているため、規模が小さいビルでも数十億はかかっているでしょう。出典:ザイ・オンライン

2014年:三重県伊賀市に1500万円のふるさと納税!

*ふるさと納税で1500万円を寄付して、純金手裏剣を返礼として受け取ったそう。こんな話あるとは、いや本当に聞いたことがない。出典:Wikipedia

2015年:四季報株主欄に株主として堂々掲載!

*綿半ホールディングス、VOYAGE GROUP、ファルテック、オリエントコーポレーション等の株を数十万以上取得。それに加えて、川口駅前にビルを建設(4つ目の不動産投資)

2016年:株式資産は75億円!

*オリエントコーポレーション、日本アセットM、ファルテック、アプラス等の株価価値を計算すると75億円。そこへ不動産価値をプラスすると500億円くらいはいっているかもしれませんね、ガクガク。。

2017年:情報がまだ出ていませんが、1000億超え?でしょうか

・B・N・F氏の名言ってある?

f:id:makmako117:20170321221815p:plain

*私は流動性さえあればなんでも買いますね
*東証一部で売り板、買い板両方とも10万株以上並んでいるのが一番好き
*常に株の怖さを頭に入れながらやっている
*成行は使わない
*自分がうまいからではなんでも無くて、時代のおかげで儲かった
*流動性があって上がりそうな株ならなんでも買う
*現金はなるべく見ないようにしている
*ダメなら損切ればいい
*含み益が乗らないと買い増やさない
*私は逆張りが好きで有利だと思う
*先物相場は、日経平均の動きに先だって動く
*短期の逆張りで重要なのは乖離率だと思う
*チャートは極力単純な方がいい
*結局、株は上がるか下がるか
*単純なパターンに入っている株をより多く見つける
*株の手法は人それぞれの性格によって相性がある
*時間帯によって特徴を考えながら売買するのが良い
*資産を作る段階で信用はやらないほうがいい
*どれが買いかなんとなく見えてくる
*主要銘柄のチャートは頭に入っている
*全体を見るほうがその銘柄をより詳細に見れる
*いろんな要素を見て、総合的な判断が必要
*同じ業種は連動する事に注意
*日本と世界の市場は連動している
*短期的に重要なイベントと世界情勢をチェック
*初心者がすべき投資スタイルは徹底的な損切り
*大抵はニュースより株価が先に動いている
*重要指標、発表されたらなるべく早く知る
*相場は自己の都合では動かない
*相場に引きずられて下がりすぎた優良銘柄は狙い目
*株は世界の様々な理由で上下している
*上げ相場のときには、強い値動きの株を買う
*下げ相場のときは、25日移動平均線から乖離した銘柄を
*下げ相場の方が、儲けられることが多い
*基本的にはスイングトレードが合っている
*10回トレードして6回勝てばいい
*日経先物相場は利用価値の高い指標
*株の知識は自分で運用しないと身につかない
*明日取り返してやるはダメ!ゼッタイ!
*はやる気持ちを抑えて次のチャンスを待ち続ける
*短期的に”下げすぎ”だと判断したら買って、早めの利確
*アメリカ株も日本株と対して動きが変わらない
*僕は天才じゃない、下手だから儲かった
*大損しながら売買技術と相場観を養ってきた
*最初からデイトレのつもりで買うと一喜一憂してしまう
*名将は引き際を心得る

出典:週刊現代、インターネット株取引ボロ儲けブログより

 

・B・N・F氏の1日のスケジュールは?

f:id:makmako117:20170320012917p:plain

8:15 起床・銘柄チェック
9:00 前場の取引
11:00 銘柄チェック
11:30 昼食
12:00 銘柄チェック
12:30 後場の取引
15:00 銘柄チェック
16:00 散歩・夕食・テレビ鑑賞
2:00 睡眠

出典:週刊現代

 

・B・N・F氏のトレード環境は?

f:id:makmako117:20170321221919j:plain

PC : eMachines 3台
モニタ : シャープTFT液晶17インチ6台(下段黒3台(メイン)、上段白3台)
ツール : 楽天証券マーケットスピード
TV : 薄型液晶
その他 : 電波時計

【上段】
モニター1 : トレーダーズ・ウェブ → http://www.traders.co.jp/
モニター2 : 日経平均チャート → ウェブではなく、何かのソフトの画面っぽい
モニター3 : 米国CME先物画面 → どこかのウェブ

【下段】
モニター4 : 楽天マケスピのランキング画面
モニター5 : 楽天マケスピのマイページ(常時700銘柄ほど登録
画面は「銘柄情報」利用)
モニター6 : 楽天マケスピの先物OP市況情報

出典:週刊現代

 

以上、まとめに移りたい、BNF氏のトレード方法から成功パターンは見出せそうでしょうか。対象銘柄で儲けるには、ファンダメンタルから世界情勢まで広く知り、相場観を持って投資を実行、引き際を知りつつ利益確定・損切りを徹底的に行うことに尽きるのかもしれない。私は、株式に関してかなり素人ではある一方、今回BNF氏の成功パターンを見て、何かしらつかめそうな気もします。また引き続き更新にて

 

※投資、参考記事;

【投資収益の税金ゼロ?】日本人でも非常に得するシンガポールの税制度

【今が最適?】ベトナム投資を決める為に必要な10指標

 

書いている人:三好真
高校時代の偏差値38のビリで元ジャニーズJr.、ナベプロにて俳優活動に従事。Startup起業の立上げ、慶應義塾大学を卒業後、米系コンサル(Deloitte ConsultingのStrategy部署)にてタイ駐在・USA/イスラエルとのスタートアップコミュニティ作りに関わる。ベトナム・タイとの輸出入ビジネスを行う傍ら、コンサルティング事業も行っています。