Load to Stanford MBA

*2018年9月のMBA留学を目指す日々を綴った日記*

てるみくらぶ粉飾決算ダメ!絶対!各被害者の声まとめ

昨日衝撃的なニュースが飛び込んできた、てるみくらぶは3年前の2014年(平成26年)9月期から大幅赤字黒字に見せかけて粉飾決算を繰り返し隠して行っていたという。つまり、記者会見で山田千賀子社長が記者からの質問「いつから経営状態が悪化したのか?」という質問に対して、涙ながらに答えた「2015年(平成27年)春から新聞広告に広告費をかけすぎたから」という応答は虚偽だった可能性がある。

記者会見で出ていた銀行やスポンサーからの資金援助をストップされないように粉飾決算を行い、自動車操業を3年間以上続けてきた結果が151億円の負債を生んだのが浮き彫りになった事実であろう、マジありえん。。被害者の事を考えると怒り心頭だ。これだけ被害を出したら逮捕されてもおかしくはない。「計画倒産」「粉飾決算」の両面から、てるみくらぶ経営陣の山田千賀子氏・益永高吉氏が逮捕される可能性があるのかを過去にどう事例で逮捕されたライブドアの堀江社長を例に挙げて下記の記事にまとめてみた

てるみくらぶ経営陣逮捕は秒読み・被害者へ与えた罪と償い

f:id:makmako117:20170328215143j:plain

画像:てるみくらぶ公式HP(現在は情報が消され、お詫び文のみ掲載)

てるみくらぶ破産による被害者の声まとめ

てるみくらぶが粉飾決算に至った経緯とは

てるみくらぶは、何故赤字に至ったのだろうか。2014年9月から粉飾決算を行っていたということは、山田氏が記者会見で語っていた媒体費(広告費)のコストが2015年春からかさんだというのは一部の原因にすぎないのだろう。しかし、新聞広告は確かに高額である、3月28日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」によると、東京本社版(東京の一般誌)全15段:1ページに広告を貼るのに3390万円もかかるという、てるみくらぶはシニア層を集めるために新聞広告へ多額の費用を突っ込んでいたのだろう

筆者の母親は近畿ツーリスト、弟はTNKトラベル(ベトナム本社)で働いているため話を聞くと、旅行パッケージでの企画・販売会社は常に薄利多売な商売であり、一般的な利益率は1%以下だという。ちなみにエイチ・アイ・エスは1.9%(平成25-26年度)であるためその中でも優秀だと言える。同社の赤字が秒読みになっていった時系列情報に関して下記の記事にまとめてみた

てるみくらぶ破産に至る真実と被害にあった際の対応策

これまでにも有名どころでいうと山一證券、カネボウ、ライブドア、オリンパス等が粉飾決算で物議を醸してきた。これまで粉飾決算問題逮捕されてきた人物としては、ライブドアの堀江社長、エフオーアイの奥村社長、グローバルアジアの菊池社長、石山ゲートウェイの三木社長、インデックスの落合会長、オリンパスの菊川会長等が挙げられるが枚挙に遑がないので割愛したい

てるみくらぶ破産による被害者の声(芸能人)

 1. タレントが被害にあったケース・矢部美穂氏(39)

f:id:makmako117:20170330160333p:plain

画像:矢部みほオフィシャルブログ@Ameba

タレントの矢部美穂氏(39)は、2017年3月25日に自身のブログで、4月に3泊4日で韓国旅行へ行く予定で、てるみくらぶへ旅費をすでに払ってしまっている事を明らかにした。

韓国はまだ旅行費安いですけど、家族旅行で何十万も支払った方もいるみたいですし…返金されないとなると…このやるせないない気持ちはどこへぶつけたら良いのか?

3月28日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」のインタビューで、払ってしまった旅費約60万円を競馬のGI高松宮記念で単勝、馬連、三連単からまかなったという。彼女の競馬知識もある一方で、神様がギャンブルでの運気を彼女に与えたのかもしれない

そういえば、矢部氏はテレビ放送で怒りを露わにしたという

ええ加減にせえよ!てるみくらぶ最悪だ

2. タレントが被害にあったケース・ぶっちゃあ氏(62) 

f:id:makmako117:20170330161458p:plain

画像:ぶっちゃあオフィシャルブログ@Ameba

タレントでお笑い芸人の芸歴37年ぶっちゃあ氏(62)は、2017年3月26日に自身のブログで、ブログの更新日にハワイ行きの家族旅行チケットを60万円で買っており、てるみくらぶ被害にあった事を明らかにした

今、考えてみるとハワイアン航空かJALかANAのビジネスクラスが18万円台なんて安すぎて怪しかったんですよね。既に、ハワイアン航空の便名も決まってたのにえーん。でも、これまでも何度かてるみくらぶで旅行も行ってるし、まさか倒産なんて信じられないです

3月28日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」のインタビュー(家族旅行で静岡・御殿場市にいるぶっちゃあー家を直撃)で、怒りモードが爆発

アラモアナショッピングセンター(ハワイ・オアフ島)に行くはずが、御殿場アウトレットになってしまって、ホノルルのつもりが、明日は富士サファリパークですよ。ずっと山の中にいますよ。ええ加減にせえよって話ですよ。てるみくらぶ最悪!金返せ!

3. タレントが被害にあったケース・栗山夢衣(29)

f:id:makmako117:20170331214046p:plain

元「恵比寿マスカッツ」のメンバーでアイドルの栗山夢衣(29)は、2017年3月28日にてるみくらぶで友人の海外結婚式(4月15日出発予定)のために購入していたハワイ行き旅行チケットをてるみくらぶで予約しており、被害額は87万円と芸能界では最も高額な被害額を更新したという。

ツイッターでてるみくらぶに対して不満を語っている

BLOGOSが栗山夢衣氏(29)へインタビューを行ったという

インタビューでは、てるみくらぶを選んでしまった罪悪感に苛まれているという栗山氏。叔父夫婦からてるみくらぶを勧められ、友達6人分の格安ハワイツアーを2016年の12月に申し込み、倒産前後に一切の連絡がなかったという。年収100万円の栗山氏にとって87万円の被害は年収分以上に相当するから驚きである。。

記事を一部抜粋してみた

なにせ返金1%ですからね(笑)。でも「私がお金出すよ」っていうと気を使うじゃないですか。 だから「帰ってきたら返してね」ってことにしました。 

これほんとに大変ですよ。87万円は大金です。私、年収100万円くらいですからね。 ほぼ年収ですよ。日頃から浪費せずお金を貯めていたんですけど、それでも足りなくて、母からお金借りて。ウチは母子家庭なんですけど、30歳手前の私の結婚資金を母が貯めてくれていたんです。

それを使っちゃいました…。

マネージャーさんにも「高い営業の仕事入れてください」って頼んで。回りには「明石家サンタ」に電話しなさいって言われています。

blogos.com

 

てるみくらぶ破産による被害者の声(内定者)

4月1日に入社予定で会った同社の内定者(約50名)は、 3月27日に本社説明会に集められ内定取り消しを通告されたという。2015年に新卒で会社へ入社したことがある筆者としては近い存在であるため、3月27日の記者会見を見たときの内定者の絶望的感情が目に浮かぶようだ 

一方で、3月29日には、航空券予約サイト・アドベンチャー(東証マザーズ)、弁護士法人・アディーレ法律事務所、警備会社・JSS、財団法人・宿泊施設活性化機構(通称・JALF)が無試験で同社内定者の受け入れを発表。JALFは、9人の内定者から問い合わせがあったという事を産経新聞に報告している

動画:ANNnewsCH@Youtube

内定取り消しの説明会でのやり取り

男性の内定者(おそらく名古屋から大阪へ働く為に引っ越した)

自分名古屋採用で受けていて大阪に配属っていう事になったんですよ。もうそのつもりで大阪に家を持って(おそらく賃貸)、その引っ越しの費用とかかなり掛かっているんですよ。その点でも何も補償とかされないんですよね?

山田千賀子氏

基本的には。。できない(おそらく弁護士が)って言ってるんですよ

ANNによる内定者へのインタビュー

女性の内定者(働く為に引っ越した)

この報道がある前までは、あと5日後くらいには社会人になるんだっていう気持ちで準備も進めてまいりましたし、そういう思いでいたので、この先どうしたらいいの?。。っていうもう。。先が見えない状態でどうしたらいいかわからないという気持ちでいっぱいでした

*都内に引っ越した後、寝耳に水の内定取り消しだったという

引っ越ししましたね 、そのぶんにかかったお金とかもどうなるんだろうと思って、泣いて謝ったで済む問題ではないと思うので

*自分たちの内定取り消し以上に、海外渡航中の人を気遣う女性内定者

私たち以上に今海外に行っていて帰ってこられないというもっと大変な状況のお客様たちがいるので、お客様の安全のためにいち早く行動していただきたいと思っています

参照元:産経ニュース

てるみくらぶ破産による被害者の声(従業員)

てるみくらぶ破産によって従業員(80人)は、どのような待遇を受けていたのであろうか。3月26日に観光庁が旅行業法に基づく立ち入り検査を行った際、従業員は普段と同じように仕事をしており、立ち入り検査のことですら聞かされていなかったというから経営層のマネジメント体制の欠如に驚くばかりである。 

しかしながら、社内の従業員は自動車操業に陥っていた同社の状況を察知していたとはいえ、社内からの告発には至らなかったのだろうか。個人的には、同社従業員も今回の赤字操業を知りながら目をつぶっていたという事実がもしあれば社長と同罪ではないのだろうかと思ってしまう

今回は、てるみくらぶの従業員が破産するまでに語っていた社内の実態真実を露わにしていきたいと思う

f:id:makmako117:20170330172543p:plain

画像:株式会社てるみくらぶの社内制度・教育(研修)@カイシャの評判

20代の男性従業員(正社員)の雇用体制に対する意見(2012年頃)

毎月退職者がいる為、退職までの手続きがスムーズだった。上司から引き留められることもなかったので、社員の全員が退職に対して慣れている。この会社へ転職するに関しても、常に人手不足な為、よっぽどでない限り不採用となることはない。

 →優秀な社員が辞めていったとしても周りの従業員が気にするような環境ではなかったのであろう。退職するならどうぞご自由にという社風であったのだろう

20代の男性従業員(正社員)の成長性・将来性に対する意見(2011年頃)

成長はしているのかもしれないが、ころころ方針なども変わるので今後どうなるかは全く想像がつかない。経営陣が一新でもしたらよくなるのではと思うが、おそらく会社を手放すはずもないので、残念だが私個人としては将来性を感じることはできなかった。

経営陣(山田千賀子社長や益永高吉会長、山内昭人氏等)の意思決定に対して、従業員が不満を持っていたというのはほぼ間違いないだろう。老害である経営陣がポジションに居座る事でてるみくらぶ社内には新しい風が吹くこともなく、それに加えて方針までコロコロ変わっていたという地獄の職場である

20代の男性従業員(正社員)の教育・研修に対する意見(2017年頃)

教育、研修制度は入社前に1度あっただけで後は仕事をしながら覚える感じだった。そのため入社初日からなんの知識もないままお客様の電話対応をさせられました。人が足りなく先輩方も忙しそうなので仕方ないが、お客様に迷惑をかけることも多々あるので改善が必要だと感じた。

教育・研修に関する不満の声は多数聞かれた、新卒で入社すると電話対応が多く、大した仕事を任せてもらえない上に教育もまともにしてもらえないという実態が見えた。

20代の男性従業員(正社員)の福利厚生に対する意見(2017年頃)

最低限のものは揃っているが特別に良かったものはない。育休、産休で戻る人もいたが基本的にはそれまでには辞めてしまっている。ボーナスも会社の業績にはよるがあまり多くはないしギリギリまで出るか出ないのかもわからなかった

→従業員の給与・福利厚生カットや、給与支払が遅れるのは、会社が給与以外にお金を当てないといけない先がある、つまり資金繰りに苦労している証拠

20代の男性従業員(正社員)の残業(勤務時間)に対する意見(2016年頃)

経営陣と社長は20時ぐらいに退社するのに対し、それ以外は24時まで会社に居ることが普通。しかし残業手当は2時間/1日までしか支給されない。さらにみなし残業も月40時間程有る。仕事人間には良い環境なのかもしれないが、将来はない。

→一説では、社長の山田千賀子氏が3000万の役員報酬をもらっていたという話がある一方で、社長や経営陣は早々と退社し、従業員は働きアリのように無限に働き、低給料しかもらえない状況下であったという事だろう

f:id:makmako117:20170330181136p:plain

画像:てるみくらぶ元社員「常に資金足りない様子」@NHK NEWS WEB

最近まで数年間てるみくらぶ本社で働いていた20代女性へのHNKインタビュー

「会社は常に目先の運転資金が足りていない様子で、『何月何日までに支払えばこの値段です』と、すごく安い価格に設定し、客にお金を振り込んでもらっていた。赤字でもいいから、とにかく売るという形でやっていたので、破産手続きに入ったと聞いたとき、やっぱりなという感じでした。会社もこうなることをわかっていたのではないかと思います」

→2014年に粉飾決算を始めた頃から、完全に自転車操業(資金の借り入れと返済地獄)に陥っていた事を示す意見にちがいない。目先の借金返済を優先し、ツアーで赤字が出るパッケージ(ベトナム・ビジネスクラスを体験価格でご案内、89,000円〜というてるみくらぶツアーも発見)を量産、最終的には倒産詐欺と言っても良いほど倒産前に現金一括でツアー客からお金を集めるという手法に走ることになる同社 

てるみくらぶと同じ社内状況が働いている会社でも起こっているかも?と思った人たちは要注意、そこで破産する可能性がある会社ではどんな予兆が起こっているのかについて下記の記事にまとめてみた

てるみくらぶ破産前に予測できたであろう6つの主な予兆

てるみくらぶ破産による被害者の声(一般の旅券購入者)

AbemaTVで、杉浦太陽氏(元ウルトラマン隊員をしていた筆者の先輩。。)が語った内容によると、ジム友達がてるみくらぶの被害にあっていたという。被害内容は、2016年の12月27日に広告(おそらく新聞に31日までに入金すれば安く行ける)を見て、家族5人分の夏休み旅行代(80万円)を失ってしまったというもの。

 

動画:イチオシ!NEWS@HTBニュース

てるみくらぶ被害にあった女性(ハワイ旅行の代金55万円を支払い)

全く連絡が電話とかもできないですし、もちろん札幌の事務所もやっていない 。いや。。悔しいです。どうなるかがわからないので、早く情報が欲しい

 

動画:「てるみくらぶ」経営破綻・・・旅行代の弁済申請が殺到(17/03/29)@ANNnewsCH

てるみくらぶ被害にあった男性(ベトナムツアー利用中) 

紙を一枚出されて、この内容知っていますかとホテル側から言われました

→ベトナムで泊まるホテルから突然渡された紙には、てるみくらぶ側から「全てお客様のご負担(現地払い)になることを伝えた旨、大変お手数ではございますがお手配をお願い致します。」という記述があった。突然のホテルからの申し出、怒りを通り越して理解できなかったにちがいない

最初、おそらく20万越えくらいで請求されてたんですけども、6人で2部屋に抑えて、約15万(余分に、自腹として)かかりました。。二重払い。。ですね。はい

 

画像:【日本ニュース】「てるみくらぶ 」ツアー参加者帰国 怒りあらわに(2017/03/28)

てるみくらぶ被害にあった女性(パリのツアーから帰国@空港)

「てるみくらぶ」に約20万くらい払っていて、ホテル側に余分に10万。。体調を崩しちゃって、1日寝ていました。二度と。。こういう経験したくない。海外ということで不安が大きかった

てるみくらぶ被害にあった男性(パリのツアーから帰国@空港)

もう、怒りしかないです。泣いてらっしゃる方もいたし、これからどうしたらいいんだろうかと。言葉も通じない中で、パニック状態でした。

→こちらの男性はツアー代とは別に夫婦で約13万円の宿泊費を支払っていたという

今回、てるみくらぶの被害状況を聞いてドキッ。。。とした方々も多いかもしれない。しかし、旅行ツアーやチケットを申し込む会社の財務諸表をたとえ経営コンサルタントが見ても突然の破産を判断できるわけがない。そんな時のために、リスクを分散させて海外旅行を楽しむ方法を下記にまとめてみた

第2のてるみくらぶ被害を避けて海外旅行を楽しむ5つの方法

 

書いている人:三好真
高校時代の偏差値38のビリで元ジャニーズJr.、ウルトラマン隊員。Startup起業、慶應義塾大学を卒業後、米系コンサル(Deloitte ConsultingのStrategy部署)でタイ駐在・USA/イスラエルとのオープンイノベーション案件に関わる。海外旅が好きで、ベトナム・タイとの輸出入ビジネスを行う傍ら、コンサルティング事業に関わっている