Load to Stanford MBA

*2018年9月のMBA留学を目指す日々を綴った日記*

AR・VRの破壊力!2017年デジタルマーケトレンド14選

あなたがマーケティング担当者であれば、最新のデジタルマーケティングトレンドを常にチェックしていると思います。ここでは、2017年に予想される13のデジタルトレンドと戦略を紹介します。

 

 

f:id:makmako117:20170223162102j:plain

2017年に業界がどのように変わるか、そしてそれに応じて準備する方法について考え始める時です。マーケティングは、先見的に計画を立て、変化を予測し、競合他社よりも前にトレンドに飛びつく先見性を持つ分野が支配的な分野なので、これらのトレンドに注目して準備してください。それらのすべてを使用する必要はありませんが、業界で競争力を維持したい場合は、その存在を認識する必要があります。

 2017年、マーケティング担当者が期待する13のデジタルトレンド

1. PokemonGoがもたらした影響力

ポケモン・ゴーは、突然私たちの生活の中に現れ、ピーク時には1日当たり1000万ドルの新規収入を得ると予測した人はほとんどいませんでした。アプリに対する熱意はほとんどなくなりましたが、このアプリはオンラインマーケティングコミュニティに2つの主要な効果をもたらしました。 1つは、ユーザーが拡張現実感(AR)体験の準備ができていること、そして2つはマーケティング担当者がここで収益の可能性を味わっていることです。2017年は、ARゲーム、AR広告、およびすでに存在するARアプリケーションを活用しようとする試みで、より多くのブランドが出てくることを期待できます。

 

 

2. バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティが広告を伝える方法を変える可能性があります。ユーザーは、より没入感のある体験を求めており、電話やラップトップ画面を見ている以上のことを感じることができます。 Augmented reality(AR)とバーチャルリアリティ(VR)は、この考え方を推進する2つの技術ですが、すでにこのARに言及しましたが、この没入型の体験を提供する他の方法を忘れないでください。重要なのは、人々がもっと大きなものの一部であるような気分になるようなやり方で、あるレベルの相互作用を提供することです。テストドライブのために次の車を出すか、潜在的なバケーションホームを見て、あなたのリビングルームの快適さを残すことなく想像してみてください。パーソナライゼーションが引き続き最重要課題であるため、精通したマーケティング担当者は、製品やストーリーを生き生きとさせる方法を見つけるでしょう。これが大規模なゲームチェンジャーになるかどうかは分かりません。何十億ドルもの資金が必要ですが、それらがすべて展開されるのを楽しみにしていることは間違いありません。FacebookとYouTubeの両方で360度のビデオが紹介されていますが、一部のブランドでは既に面白い、革新的な体験のためのフォーマットを実験し始めています。 Star Wars:Rogue Oneの360度プロモーションやGoproのプロモーションは非常に興味深いです。

 

 

3. データビジュアライゼーションツールが大幅に拡張され、高まるビックデータの必要性

マーケティング担当者としてのデータは生命線です。いつ、どのように、いつ、なぜ、どのようなメッセージングが最も効果的であるかを誰が購入しているかについて、定量的な情報が必要です。しかし、データアナリストでさえ、データが何を言っているのかを正確に理解することができない。我々の脳は、このように生の数値データを膨大な量で処理することはできませんでした。現在、技術はデータ分析の「解釈」の部分に最終的に追いついています。既に数多くのデータ視覚化ツールが市場に出ていますが、2017年にはすべての企業がこれらのツールを使い始めようとしています。これは重要な欠点が残っています。この技術はより洗練されたものになり、データ分析のニーズはこれまで以上に向上します。市場調査会社Ovumは、ビッグデータ市場が2016年の17億ドルから2020年には94億ドルに増加すると予測しています。ビジネスが成熟し、新しい構造と役割が定着するにつれて、大きなデータがますます有用かつ活用され始めます。大きなデータがますます広く使用されています。 それは、米国選挙の結果に大きな役割を果たしたと言われています。 Cambridge Analyticaは、さまざまな用途のために大きなデータを活用しました。

f:id:makmako117:20170223154133j:plain

 

 

4. ネイティブ広告の人気が爆発

ネイティブ広告はこのリストの中で最も古いトレンドの1つです。自然に見える視界を得るための簡単な方法を探しているブランドによって、長年にわたって使用されてきました。しかし、ネイティブ広告は上向きの動きをしています。消費者が従来の広告のほとんどの形態を非難または無視し続けるにつれて、ネイティブ広告は、それらの消費者の注意を引くために、より巧妙で(しかし効果的な)方法になる。また、以前はこの広告方法を提供しなかった大手出版社やブランドが提供する、より新しい、より改良されたネイティブ広告の形態も見られるかもしれません。2016年は、大手出版社がネット環境でのマガジンを強化しているような場面も見られました。

 

 

5. ブランドによるニッチ市場のターゲット化

オンラインマーケティングはますます混雑しています。利用可能な消費者の数は多少なりとも安定していますが、数百万の新しい事業がパイのためにスペースに浸っています。これは、コンテンツやソーシャルメディアのマーケティング分野で特に当てはまります。このための最良のソリューションの1つは、より具体的なニッチをターゲットにして、より具体的なトピックでより狭い範囲の人口統計に訴求することです。

 

 

6. ソーシャルメディアのターゲットはさらなる細分化

Googleと大手ソーシャルメディアプレーヤー(FacebookとTwitter)との提携により、青い鳥のプラットフォームにおける、つぶやきは、Googleの検索結果で上位に表示されることも見られるようになっています。Googleが主要なソーシャルプラットフォームとのパートナーシップをさらに強化する可能性は低いようですが、ソーシャルメディアの重要性が今後も高くなることを予想して、ソーシャルメディア対策がさらに必要になりそうです。ソーシャルメディアは、透明性と公開性が高く、ターゲティングもしやすいため、ユーザーにとっての広告の存在は以前より不快感が軽減されているかもしれません。また、一時的なソーシャルメディアと呼ばれることもある Snapchatは、一時的なマーケティングの道をリードしています。 Snapchatは、新製品や新機能を盛り上げたり、プロモーションや割引などの特定のマーケティング活動を促進するのに便利です。多くの企業(Food Network、Vice、BuzzFeed、Mashable、Cosmo、ESPNなど)は、若い世代の人々を取り込むために活用しています。彼らはSnapchatに集まり、そこでは、「限定アクセスコンテンツ」にアクセスすることができます。これは、有効期限付きのコンテンツなため、今アクセスしないと損をする感覚で広告を見たユーザーに訴えかけます。

 

 

7. コンテンツは依然としてキング

シンプルなコンテンツはSERを強化するためにのみ使用されると考えています。コンテンツはブランドの信頼と忠誠を築き、あなたを自分の分野の専門家として定義するのに役立ちます。あなたの信頼性を高めているブランド支持者がいない場合は、それを行う必要があります。これを達成するための最良の方法の1つはコンテンツです。 2017年に、強力なブランド擁護戦略を立てるための予算やリソースがない場合は、インフルエンサーを船に乗せてあなたの話を伝えることを考えてください。あなたがそれをやっていないなら、同規模の競争相手は、さらに低予算でブランドマーケティングをインフルエンサーに頼むことが多くなるでしょう。

 

 

8. ロケーションベースのマーケティング

会社が定期的にイベントを開催する場合は、ロケーションベースのマーケティングが特に重要です。派手な技術(無線周波数識別 - RFID)を使用することにより、マーケティング担当者はウェアラブル、アプリケーション、さらには独自のRFID識別子を持つカードを利用して、シームレスで統合された消費と共有の経験を生み出すことでソーシャルシェアを拡大​​できます。

 

 

9. 長期関係構築のマーケティング

これは、迅速で短期的な販売と買収に焦点を当てるのではなく、ロイヤリティー(ブランド支持者)を生み出すことにつながります。焦点は、長期にわたる顧客関係です。これをうまくやっている企業は、多くの人々の羨望であり、顧客がオーガニックで真正で信頼できるブランド認知度を生み出しているエコシステムを作り出しています。Coca-Colaは、リレーションシップ・マーケティングについて言えば有名です。これは世界中で運営されている数多くのリレーションシップキャンペーンのうちのひとつです。

 

 

10. マーケティングオートメーション

マーケティングの自動化は、ますます多くの企業がコンテンツの重要性を理解し、主導権者のための主要な戦術としてコンテンツを活用しているため、ますます必要になっています。自動化ツールを使用すると、ブログから顧客/見込みのライフサイクルまでのすべてを簡単に管理できます。

 

 

11. ウェアラブル携帯端末とその他IOT

Apple Watchが話題になってから時間が経ちましたがIphoneほどの人気はまだなく、ウェアラブルが最大に盛り上がるのは2017年に期待したいところです。マーケティング担当者にとってこれは、マーケティング、データ、行動主導型のマーケティングのターゲットとなる機会が増えることを意味します。また、潜在的な消費者の日常的な行動に基づいてマーケティングの選択を行っている可能性もありますが、ウェアラブルによって人々がコンテンツを共有するが変わると、地理的な場所のマーケティング活動のためのRFIDやibeaconsへの依存率が下がる気がします。

 

 

12. 通常のインターネットTV

YouTubeはGoogleの後で2番目に大きい検索エンジンであることをご存知ですか? YouTubeは、他のケーブルネットワークよりも年齢の高い18〜34歳の米国の成人を対象としています。一時的なマーケティングが人気を集めているため、スマートフォンを持っている人は誰でも「独占的」なコンテンツを取り込むことができます。 2016年には、Snapchat、Periscope、Facebookがさらに伸びましたが、YouTubeで動画を配信する動画クリエイターの数も年々増えているため、動画広告が2017年も盛り上がりそうです。

 

 

13. さらに伸びるライブビデオ

ライブビデオが突然インターネットの好きな光沢のある新しいおもちゃになりました。 Meerkatが市場に参入したとき、それは面白いノベルティでした。 今や、Twitter(Periscope経由)、Facebook、YouTube、Instagramのすべてがライブビデオをリリースしています。これらのネットワークの多くはライブビデオを非常に重視しています。コンテンツの飽和した世界で目立つものです。そのため、ブランドが関与したいと考える理由がたくさんあります。初期の例は、ゴムバンドを使用してスイカを爆破しようとしている2人の従業員のBuzzFeedのライブストリームでした。 動画には合計1,100万回の再生回数があります。また、2017年にはライブビデオとインフルエンサーの2つの世界が衝突し、製品の配置とスポンサーシップはインフルエンザビデオの定期的な機能になると期待しています。

 

 

14. モバイル用に最適化

現時点では、モバイルとレスポンシブなウェブサイトだけでは賢明ではありません。過去数年間、私たちはモバイル支配的なデスクトップに向けてスピードアップしてきました。2016年には、モバイルに最適化されたサイトがアプリの受け入れ可能なプレースホルダになりますが、長くはなりません。アプリはあなたのウェブサイトができるすべてのことを、よりアクセスしやすく、直感的かつ便利な方法で行うことができます。言うまでもなく、アプリはタッチスクリーン(読み込み:クリックの障壁が少ない)と、どこにいてもあなたのユーザーと一緒に行くあなたの製品の広告/リマインダです。

 

著者:三好真

高校時代の偏差値38のビリで元ジャニーズJr.、ナベプロにて俳優活動に従事。Startup起業の立上げ、慶應義塾大学を卒業後、米系コンサル(Deloitte ConsultingのStrategy部署)にてタイ駐在・USA/イスラエルとのスタートアップコミュニティ作りに関わる。ベトナム・タイとの輸出入ビジネスを行う傍ら、コンサルティング事業も行っています。